「Be yourself!」 ~あなたらしくいて欲しい!~

髪を失うことのつらさを少しでも楽にしてあげたい... 治療中でも今までとかわらずおしゃれを楽しんでいただきたい...

あなたのためのウィッグ(医療用かつら)をお作りします。

かつらの製作、ウィッグケア、サイズ調整、事前カット、自髪デビューカット・ケアなどお任せ下さい。

自髪からウィッグに至るまで、再現美容師として様々なお悩みやご相談に対応致します。

ご試着・ご相談などお気軽にご来店ください。

ヘアーズアッシュは内閣府認証NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の会員です。

大阪府河内長野市千代田駅で医療用かつら(ウィッグ)を制作する美容室です。

ご予約・お問い合わせは TEL:0721-53-3288

〒586-0003 大阪府河内長野市楠町東1585-3 辻ビル1F

メールアドレス:hairs_ash@maia.eonet.ne.jp

hair's ash hair epithese メールフォーム

フェイスブックページもご覧下さい。 アッシュのFacebookページ


朝日新聞岩手版掲載のお知らせ

朝日新聞岩手版で、NPO法人ヘアエピテーゼ協会の多田さんが紹介されました。

以下に記事を転載します。

 抗がん剤の副作用で髪が抜け落ちた女性のために、医療用のかつらの普及に取り組む県内ただ一人の美容師が盛岡市にいる。多田光利さん(47)。つらい治療を受けながら自分の命と向き合う女性にとって、髪を失うことは何重もの心理的ダメージになる。かつらで髪形を復元してあげることで励ましたい――。それが多田さんの思いだ。

 多田さんは、盛岡市菜園1丁目で美容室を経営している。3年ほど前、常連客や知り合いが相次いで女性器系のがんになり、抗がん剤治療で髪を失った。

 女性の「美」を支えることを職業にしている自分に、こうした人たちのためにできることはないか。そう考えてインターネットで調べたところ、NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会(事務局・東京)の活動を知った。

朝日新聞デジタル版 岩手
http://www.asahi.com/articles/ASG2M4WMTG2MUJUB009.html

関連記事
Category: 記事・報道

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する