「Be yourself!」 ~あなたらしくいて欲しい!~

髪を失うことのつらさを少しでも楽にしてあげたい... 治療中でも今までとかわらずおしゃれを楽しんでいただきたい...

あなたのためのウィッグ(医療用かつら)をお作りします。

かつらの製作、ウィッグケア、サイズ調整、事前カット、自髪デビューカット・ケアなどお任せ下さい。

自髪からウィッグに至るまで、再現美容師として様々なお悩みやご相談に対応致します。

ご試着・ご相談などお気軽にご来店ください。

ヘアーズアッシュは内閣府認証NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の会員です。

大阪府河内長野市千代田駅で医療用かつら(ウィッグ)を制作する美容室です。

ご予約・お問い合わせは TEL:0721-53-3288

〒586-0003 大阪府河内長野市楠町東1585-3 辻ビル1F

メールアドレス:hairs_ash@maia.eonet.ne.jp

hair's ash hair epithese メールフォーム

フェイスブックページもご覧下さい。 アッシュのFacebookページ


27日の医療用かつらの制作

27日は4月末ぐらいからご相談いただいていた患者さんの医療用かつらの制作でした。

色を迷っていたのと治療が5月の連休明けぐらいからだったので、

少し抜け始めて作る事にしていました。

娘さんがいると伺っていたのでご一緒にご来店いただきました。

迷っているときは、友人や、身内の方に見ていただくのが一番です


迷っている明るめのブラウンとナチュラルブラウンのウィッグを試着します。

すると、娘さんがすぐに決めてくれました


では、医療用かつらの制作に入ります。

かつらのサイズ調整をしている間に、私は自髪のカットをベリーショートにしていきます。


そして、縫い上げをしたかつらをかぶっていただき痛くないか、違和感がないか調整します。

調整後、ウィッグをカットしていきます

抜ける前のスタイルを見せていただいていたので、いつもの生活が出来るようにスタイルを作りました。

まずは8割程度のカットをします。

ウィッグは切ってしまうと戻りません。

慎重にスタイルを決めます

着用が慣れてきた頃にまた調整カットをしますね


次は、ウィッグの洗い方、ケア方法を説明します。

自髪デビューまでの間、しっかりケアをしてあげるとキレイさが長持ちします。

「初めてのことで不安です」とおっしゃっていました。

「お店で洗髪からドライ、アレンジまで一緒にできますよ

「時間が無い時や体調がすぐれない時はメールをくださいね

と、お伝えすると安心されていました

治療中でも普段の生活ができるように、お手伝いしていきます


病院訪問

NPOヘアエピテーゼ協会では医療機関でのパンフレットの配置許可をいただくのも大事です。

医療用かつらを制作するには、まずは知っていただいて、問い合わせや試着の申し込みを受けるのがスタート地点。



休みの日や営業に余裕のある日は病院を訪問します。

今回は、

紀和クリニックを訪問して、パンフレットの配置許可をいただきました。
紀和ブレストセンターの名前でかなり乳がんの治療に力を入れている病院で、紀北ではかなり有名です。


10年以上アッシュに通っていただいているお客様が紀和病院の職員でお話ししていただきました。

乳がん看護認定看護師の方とお話しできました。


貴重なお時間をありがとうございます。



これからも患者さんの力になれるよう、医療機関の方と緊密に連絡を取っていきたいと思います。



ウィッグケア

今回のウィッグはダメージがかなりありました
学校が忙しくて、ケアをサボっちゃったみたいです。
ロングのストレートヘアだったスタイルが、
毛先がモアモ~アっと広がって指が通らない状態・・・
ロングからみ1

全体的に縮れとからみが出来ています
ろんぐからみ2

まずは丁寧に「からみ」をほどきます。
何カ所も豆結びが・・・1本1本切ります。

からみやすくなっているのでゆっくりとクレンジングをします。
ウィッグ専用トリートメントでじっくり補修作業をしていきます

できあがりで~す
ろんぐからみ3

いつもより時間がかかってしまいましたが、
元のスタイルに近い状態まで修復出来ました
ろんぐからみ4

「すご~い。きれ~。」を連発して大満足のご様子
とっても可愛い笑顔をみると、また頑張るぞーと気合いが入ります

制作とケアが続きます

epit2
先日制作した抗がん剤治療の患者さんが脱毛してご来店。

サイズを小さくしてフィット感を調節します。

これまでの経験が活きる瞬間です

自髪も残りを短くしています。



エピテーゼウィッグはサイズ調整を無料でしています。
ウィッグのフィット感が気になるときなど
頭の形や自髪の量などにあわせて微調整しますのでお気軽にご来店ください。




アッシュの医療用かつら(ヘアエピテーゼ)のFacebookページが出来ました。

医療用かつらのアフターフォロー

3月に制作した患者さんからお電話が。

「4クールやって、抜けなかったのよ。」

抗がん剤治療をして抜けなかったのは二人目です。


しかしグレーヘアーが増えたので地肌にカラーを付けないゼロ塗布でゴールデンウィーク明けにご来店が決まりました。

制作したウィッグはきっちりケアをしてから、お守り代わりに大事に保管すると言われていました。




今回は良いお知らせでした