「Be yourself!」 ~あなたらしくいて欲しい!~

髪を失うことのつらさを少しでも楽にしてあげたい... 治療中でも今までとかわらずおしゃれを楽しんでいただきたい...

あなたのためのウィッグ(医療用かつら)をお作りします。

かつらの製作、ウィッグケア、サイズ調整、事前カット、自髪デビューカット・ケアなどお任せ下さい。

自髪からウィッグに至るまで、再現美容師として様々なお悩みやご相談に対応致します。

ご試着・ご相談などお気軽にご来店ください。

ヘアーズアッシュは内閣府認証NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の会員です。

大阪府河内長野市千代田駅で医療用かつら(ウィッグ)を制作する美容室です。

ご予約・お問い合わせは TEL:0721-53-3288

〒586-0003 大阪府河内長野市楠町東1585-3 辻ビル1F

メールアドレス:hairs_ash@maia.eonet.ne.jp

hair's ash hair epithese メールフォーム

フェイスブックページもご覧下さい。 アッシュのFacebookページ


今週の医療用かつらのメンテナンス

静電気でジリジリッとなった医療用かつら。

冬は服の静電気もあってダメージしやすい時期です


しかしプロのメンテナンスですっかりきれいに!!

さらに自毛が伸びてきている今週ご来店のお二人は少しカットして整えました。

もちろんこのタイミングの自毛カットは無料です。


夏にはカットをして、ヘアカラーをしてウィッグを外して普通に生活していただけます。

もう少しです。

ウィッグのサイズ調整

今日はウィッグのサイズ調整でご来店いただきました。
自髪が抜けてくるとウィッグのフィット感がゆるくなってきます。
縫い上げ
まずは後頭部を端8mm~中央1.6mmを縫い上げ、
だぶついている部分をピッタリ合うようにします。
サイドは耳上があたるようなので両端5mmずつ縫い上げました。

ウィッグをかぶっていただいた瞬間
「ピタッってきたっ~」って感じ(^_^)v と喜んで頂けました(笑)

お友達からも「ウィッグだと分からないね」と言われたそうで、とても安心しました
エピテーゼのウィッグは人毛に近づけるために自然なツヤ感にしてあります。
つむじ部分や分け目は人工皮膚を使っているので、上から見られても大丈夫です

治療後、自髪が生えてくるとウィッグがきつくなります。
縫い上げた部分を少しずつ取っていき調整していきます

~おまけ~
使っている裁縫道具をご紹介しま~す
うちのタマ知りませんか? タマ&フレンズ」です。
裁縫
これは妹が小学校の時に使っていた裁縫セットなので使用感たっぷりです
私は「水森亜土」さんの絵でした...年代がばれそうです...

医療用かつらを制作しました

2日は遠くからのご来店のお客様の医療用かつらを制作しました

ご自宅が遠いので脱毛前のカットをしてすぐに制作。

脱毛してからサイズ調節をする予定ですが、2ヶ月ぐらい入院するそうなので外泊の時に。

旦那さんが運転をしていただきご来店。

ご家族の協力も得て、あとは治療するのみ。

これから医療用かつらが必要なくなるまではしっかりフォローしていきたいと思います


遠いけどケアのご来店をしていただけるようにご案内しています。