「Be yourself!」 ~あなたらしくいて欲しい!~

髪を失うことのつらさを少しでも楽にしてあげたい... 治療中でも今までとかわらずおしゃれを楽しんでいただきたい...

あなたのためのウィッグ(医療用かつら)をお作りします。

かつらの製作、ウィッグケア、サイズ調整、事前カット、自髪デビューカット・ケアなどお任せ下さい。

自髪からウィッグに至るまで、再現美容師として様々なお悩みやご相談に対応致します。

ご試着・ご相談などお気軽にご来店ください。

ヘアーズアッシュは内閣府認証NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の会員です。

大阪府河内長野市千代田駅で医療用かつら(ウィッグ)を制作する美容室です。

ご予約・お問い合わせは TEL:0721-53-3288

〒586-0003 大阪府河内長野市楠町東1585-3 辻ビル1F

メールアドレス:hairs_ash@maia.eonet.ne.jp

hair's ash hair epithese メールフォーム

フェイスブックページもご覧下さい。 アッシュのFacebookページ


ミディアムボブのスタイル

bob
27日に制作したスタイルです。

50代、60代の方に多いスタイルで、元の髪もこんな感じで生活されていました。

12日から抗がん剤治療に入る患者さんでその前からご相談いただいていたので、元のスタイルをデジカメに残して対応させていただきました。


着用した状態も使用している間に修正して、完成したら撮影をお願いしてみようと思います。

すごくフィットしていたので周りの人は気づかないと思います


とにかくアフターケアと、地毛が伸びてきた後の対応をきっちりできるのが日本ヘアエピテーゼ協会の再現美容師の最大の良いところです。
是非お任せください

「暮しと健康」10月号に紹介されました

同じNPO日本ヘアエピテーゼ協会の神奈川支部、横浜のプラチナ(二俣川)さんが、雑誌『暮らしと健康』に紹介されました。
タイトルは「失った髪を医療用かつら(ヘアエピテーゼ)で再現する再現美容師」


j-1.jpg
j-3.jpg
j-2.jpg


Category: 記事・報道

ロングのダークブラウン

epi
制作するペースが上がってきているのですが、ダーク系の医療用かつらが多く出ています。

真っ黒ではないけど、抑えめの色。

実は関西は以前はもう少し明るいのが多かったのですが、流行がちょっと動いてきています。


相談いただいてスケジュールを決めてからの制作なので、とってもスムーズ。

仕事へ戻る方が半数ぐらいいらっしゃるので、すぐに職場へ馴染めるようにスタイルを作ります


まだ40代の若い方なので、たくさん動いて色々楽しんでいただけるよう後々のフォローをしていきたいと思います

どんどん制作続きます

相談と制作がどんどん入ってきています。

お一人お一人が望むことが違うので、すべてが新しく一からの真剣勝負です。


そして医療用かつらのケアも日々続きます。

体調の悪い方は旦那さんがご持参いただいたり、家族が協力してくれています。

制作して、フィット感がバッチリ決まったところでお一人お一人にお願いしてスタイル写真を撮らせていただいています

作品はiPadを使ってカウンセリングの患者さんに見ていただいています

サイトへの掲載許可を得た方には慎重に使わせていただけるようになってきています。

ありがとうございます


治療で気持ちがデリケートになっていると思うので、そこはとにかく慎重にが基本です。

8月26日の制作

以前、ご相談いただいたお客様の制作です。
ウィッグで職場復帰をされたいとのこと。
お客様のスタイルはクセが少しあるので
カット後、毛先にホットカーラーでクセづけをしました。
より自然な仕上がりになり、可愛いスタイルの完成です

そして嬉しいお知らせが届きました
予定通り、職場に復帰されたことと、
周りの方は全く気づかなかったとメールを頂きました。

自分たちの仕事がお客様の人生の一歩を進むお手伝いができることに感謝します
メールをいただけるだけで、とても幸せになり元気がでてきます

8月26日

カチューシャは大丈夫?と質問がありました。
もちろん大丈夫です
みなさんいろいろなアレンジして可愛くスタイルを作っています。
簡単なアレンジやセットもお教えできますのでお気軽にご来店ください。
また、こちらもお教えいただくことが多いので大変勉強になります。

これからもアフターケアをしっかりしながら、
自毛デビューに向けて一緒に頑張っていきましょう