「Be yourself!」 ~あなたらしくいて欲しい!~

髪を失うことのつらさを少しでも楽にしてあげたい... 治療中でも今までとかわらずおしゃれを楽しんでいただきたい...

あなたのためのウィッグ(医療用かつら)をお作りします。

かつらの製作、ウィッグケア、サイズ調整、事前カット、自髪デビューカット・ケアなどお任せ下さい。

自髪からウィッグに至るまで、再現美容師として様々なお悩みやご相談に対応致します。

ご試着・ご相談などお気軽にご来店ください。

ヘアーズアッシュは内閣府認証NPO法人日本ヘアエピテーゼ協会の会員です。

大阪府河内長野市千代田駅で医療用かつら(ウィッグ)を制作する美容室です。

ご予約・お問い合わせは TEL:0721-53-3288

〒586-0003 大阪府河内長野市楠町東1585-3 辻ビル1F

メールアドレス:hairs_ash@maia.eonet.ne.jp

hair's ash hair epithese メールフォーム

フェイスブックページもご覧下さい。 アッシュのFacebookページ


「綺麗になったね」と言われたよ!「メイクレッスンしました」

患者さんから、
「がんになったけど悪いことばかりじゃないね
「まわりから、若くなった綺麗になったって言われるの
と、ウキウキされていました

仕事ではキャップをかぶり、マスクをしているので、お化粧をすることがなかった。
化粧品も持ってなかったと言われていました。

髪が抜け...眉毛、まつ毛も抜け...
不安ばかりが押し寄せてきます。

ウィッグをお作りし、髪はバッチリ
眉毛の書き方、アイメイクの仕方、化粧品の選び方などお伝えしました。

初回はナチュラルに仕上がるベージュ系で。
自分でメイクが出来ないといけないので、基礎からメイクまでのレッスンです

今回はグリーンのお洋服だったので、ナチュラルにグリーンを足したレッスン
エピメイク緑

「最近は洋服を選んだり、メイク道具をそろえたり、すごく楽しい
「がんになっちゃったけど、前よりイキイキしてると自分でも思える
「ウィッグを卒業したらどんな髪型にしようかなぁって欲もできてたの
と、本当に明るい笑顔でワクワク話されていました。

この仕事をしていて良かったなぁと思える瞬間です。
いろいろな副作用がでます。
ウィッグだけはなく、様々な変化に対応できるもの再現美容師です。
なにか不安な事を感じたら、ご連絡ください。
患者様お一人お一人に合わせた対応をさせていただきます


←ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

Theme: 乳がん | Genre: 心と身体

抗がん剤治療、放射線治療による口内炎について

患者さんとのご相談中で多いお悩みの一つ「口内炎」です
抗がん剤治療や放射線治療をおこなうと、がん細胞を死滅させると同時に、
正常な細胞にも影響し、様々な副作用がでます。
副作用の一つ「口腔粘膜炎」と「口腔乾燥」

口腔内にトラブルがあると・・・
食事が出来ない、飲み込みにくい...
会話がしにくい...
味覚障害...
お口の中がザラザラ、ヒリヒリ...など

副作用によるつらさを少しでもやわらげていただくために
サンスターさんに教えて頂きました
7月の第10回日本臨床腫瘍学会学術集会がきっかけになり、
学会担当者の方がサンスター大阪営業所を紹介してくれました。

①口腔粘膜炎の始まる時期から治るまで
 (抗がん剤治療と放射線治療では時期がかわります)

②抗がん剤治療、放射線治療による口腔粘膜炎が起こりやすい場所

③がん治療中の口腔ケア
 「痛みをやわらげること」「粘膜の感染予防」

抗がん剤や放線治療で発症する症状は、抗がん剤の種類や量、
投与の方法や放射線の照射量、あたる場所により病状が異なります。

サンスターさんと静岡県立静岡がんセンターが共同開発して、

患者さんの生の声から誕生した製品です。
食事が出来なかったり、会話ができないと気持ちも沈みがちになります。
治療中の「困った」を一つでも解消できるよう、いろいろな知識を付けていきたいと思います

「がん治療中のお口のトラブルケア」の小冊子と商品見本があります。
小冊子は患者さんのためにご用意しておりますので、お気軽にお持ち帰り下さい